ゼナドリンで究極のダイエット効果を得よう|別人のようなスタイル

少ない糖質と豊富な繊維質

ウエストを測る女性

糖質の過剰摂取を防止

ダイエットのために、おかずの量を減らして、その分ご飯やパンを食べるようにする人は、多くいます。しかしご飯やパンの食べ過ぎは、かえってダイエットの妨げとなります。なぜならこれらには、炭水化物が多く含まれているからです。炭水化物は、体内で糖質と繊維質とに分解されます。つまりご飯やパンを多く食べることは、糖質の過剰摂取につながるわけです。そして過剰摂取した糖質は中性脂肪となるので、それが蓄積されることで、体はますます太くなっていくのです。しかし糖質制限食を利用すれば、中性脂肪の蓄積は防がれやすくなります。糖質制限食は、炭水化物の少ない食材で作られています。そのため食べることで、糖質の少量の摂取で、お腹を満たすことが可能になります。

ダイエットの成功のために

糖質制限食の原料は、炭水化物の少ない食材だけではありません。繊維質の多い食材や、鉄分の多い食材も、積極的に使われています。先述したように、炭水化物は糖質と繊維質とに分解されるので、炭水化物の摂取量を減らすと、繊維質の摂取量も少なくなるのです。ところが糖質制限食は、その点をしっかりと考慮して作られているので、炭水化物を摂取した場合よりもむしろ多くの繊維質を摂取できます。繊維質には、脂質の吸収率を下げる効果があるので、摂取すればそれだけダイエットを成功させやすくなります。また、鉄分の多い食材も使われているわけですから、利用することで良質な血液が作られやすくなります。それにより脂肪燃焼率が高まるので、その点でもダイエットに役立つと言えます。